政府与党批判、5野党が訴え 福井で街頭宣伝

2020年7月27日 05時00分 (7月27日 05時00分更新) 会員限定
街頭宣伝を行う野党5党の弁士たち=福井市のJR福井駅前で

街頭宣伝を行う野党5党の弁士たち=福井市のJR福井駅前で

  • 街頭宣伝を行う野党5党の弁士たち=福井市のJR福井駅前で
 福井県の野党五党の弁士らが二十六日、福井市内六カ所で街頭宣伝を行った。河井前法相夫妻の参院選を巡る買収事件や新型コロナウイルス感染拡大への対応など、政府与党への批判を訴えた。
 市民団体や政党がつくる「戦争する国づくり反対!福井総がかりアクション」が主催。約十人が「河井夫妻は議員をやめろ」などと書かれた横断幕を掲げた。
 国民民主党の堀川秀樹福井市議は、河井夫妻の選挙不正について「通常の五倍以上の金額が案里氏の選挙に使われているのはどうしてもふに落ちない。しっかりと追及し改善しないと」と声を上げた。
 日本共産党の佐藤正雄県議は「新型コロナウイルスの流行によって、現政権が命を守ることをしようとしないとはっきりした。政治を変えるため、ぜひ野党に応援を」と呼び掛けた。 (藤共生)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報