本文へ移動

パク・ジュニョン&中澤卓也がドキドキ生配信 CS番組「パクタクおたすけ隊」の8月15日からの放送再開を発表

2020年7月26日 19時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
初のオンラインイベントに出演するパク・ジュニョン(左)と中澤卓也

初のオンラインイベントに出演するパク・ジュニョン(左)と中澤卓也

 韓国出身の歌手パク・ジュニョン(38)と歌手中澤卓也(24)の人気コンビによる「パクタクおたすけ隊」が26日、東京都内のスタジオで初のオンラインイベント「パクタクおたすけ隊 ドキドキ生配信」を開催した。
 昨年11月から今年3月まで放送されたCSエンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河」のバラエティー番組「パクタクおたすけ隊」が、8月15日から放送を再スタートすることが決定。放送再開を記念し、コロナ禍でファンらと直接会うことが難しい昨今、インターネットを通じて楽しめるようなイベントとして実施されたもの。
 歌唱コーナーでは、中澤が最新シングル「北のたずね人」をはじめ、西城秀樹さんのカバー曲「ブルースカイ ブルー」、生配信中のリクエスト曲から「心変わり」(第2弾シングルのカップリング曲)の3曲、パクが最新シングル「海に語りて」をはじめ、松山千春のカバー曲「大空と大地の中で」、リクエスト曲「チャラ」(第2弾シングル)の3曲を熱唱。それにKinKi Kidsのカバー曲「フラワー」をデュエットした。
 そして「重大発表」と称して、番組の放送再開が決定したこと、9月の放送で真田ナオキ(30)、新浜レオン(24)の歌手2人をゲストに招いて、彼らの悩みを解決することなどを発表。最後に2人で「パクタクおたすけ隊」のテーマソング「僕らの願い」を元気いっぱいに歌った。
 初の生配信イベントに出演したパクは「皆さんの生のコメントを見ながらまるで会話をしているような感じがして、とても新鮮で楽しかったです」、中澤は「本来は、僕らが皆さんのところに行って悩みを解決するという番組ですが、(コロナ禍で)こういう環境を整えてくださったスタッフさんに感謝したいです。また、ネット上でのふれあいにもかかわらず、チケットを買って生配信に参加してくださったファンの皆さんの協力がなければできなかったことですし、今日は伸び伸びと楽しく演じさせていただきました」と笑顔を見せた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ