本文へ移動

コロナ感染のAKB48田北が退院を報告「暖かい言葉にたくさん元気付けられました」ファンや医療関係者にも感謝

2020年7月26日 15時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
田北香世子

田北香世子

 新型コロナウイルスに感染して20日から入院治療を行っていたAKB48の田北香世子(23)が26日、グループの公式サイトで退院したことを報告した。
 田北は「無事退院いたしました。この度は、ファンの皆様に多大なご心配をおかけして申し訳ありませんでした」とコメント。「入院中、ファンの皆様を始めとし、メンバーや周りの方からの暖かい言葉にたくさん元気付けられました。本当にありがとうございます。また、治療に携わっていただきました医療関係者の皆様や、保健所の皆様にも深く感謝しております」とつづった。
 今後は医療機関や保健所の指導に従って1週間の自宅療養に専念する。活動再開の時期については同指導や、運営会社と田北が十分協議して決定する。田北は「少しでも早く皆様に元気な姿をお見せできるよう努めてまいります」とコメントしている。
 田北は9日に発熱し、翌日に平熱に戻ったが自主的に外出を自粛。11日に味覚と嗅覚に違和感を覚え、18日にPCR検査を受けて同日に陽性が判明。同グループでは初の感染者だった。田北は2日に同グループの達家真姫宝(18)と接触していたため、達家も21日にPCR検査を受けたが、22日に陰性が判明している。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ