本文へ移動

ロッテ・鳥谷が移籍後初長打&初打点「どんどん振っていこうという気持ち」通算350二塁打に王手

2020年7月25日 23時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッテ・鳥谷

ロッテ・鳥谷

◇25日 西武0-5ロッテ(メットライフドーム)

 ロッテ・鳥谷敬内野手(39)が移籍後の初打点。7回の守備から登場すると見せ場はすぐにやってきた。点差を2点に広げた直後の8回1死一、二塁。1ボールから宮川の146キロの外角直球をはじき返す。打球は前進守備の外野の頭上を越え、左中間フェンスを直撃する2点二塁打。「チャンスだったので、どんどん振っていこうという気持ちがいい結果になったと思います」。打点に加えて長打も移籍後初めてで、通算350二塁打に王手をかけた。
 移籍後、スタメン出場はわずか1試合。ベンチを温める日々が続く中で、相談に来る若手には積極的に助言を与える。「自分の経験だったりをアドバイスしながらコミュニケーションは取ってます」。幾多の試練を乗り越えてきたレジェンドがチームを支えていく。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ