FC東京・長谷川監督「ポテンシャル秘めた選手」のサプライズ起用示唆「試合で使わないと…良くならない」

2020年7月25日 19時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
けが人の穴を埋める新戦力の台頭に期待を寄せる長谷川監督(FC東京提供)

けが人の穴を埋める新戦力の台頭に期待を寄せる長谷川監督(FC東京提供)

  • けが人の穴を埋める新戦力の台頭に期待を寄せる長谷川監督(FC東京提供)

◇26日の鹿島戦に向けて抱負

 FC東京の長谷川健太監督(54)が25日、J1次節・鹿島戦(26日・カシマ)に向けて「若手への過度な期待は重荷になってしまうが、悠長に構えてもいられない。何とか彼らを使えるようにしたい」と“新鮮力”の台頭を切望した。
 横浜M戦(12日・日産ス)で左肩を負傷したFW田川に続き、札幌戦(22日・札幌D)では主将のMF東も右足を痛めるなど、ここにきて主力にけが人が出てきている。さらに、鹿島から期限付き移籍中のMFレアンドロも契約上の理由で次節は出場できない。そんなチーム事情を背景に期待を込めた発言だった。
 実際、札幌戦で途中出場した長身FW原をはじめ、伸びしろがある、成長が楽しみな若手は多い。長谷川監督は「チームの主力になれるポテンシャルを秘めた選手はいるが、試合で使わないと良くはならないし、彼らが経験を積んでいってくれればうれしい」とも語っている。「初めからアクセル全開で挑みたい」というこの一戦で、そうしたサプライズ起用、大抜てきもありそうだ。
 過密日程の中、戦力の上積み、底上げは、昨季かなえられなかった、悲願のJ1初制覇へ向けても大事な要素。健太トーキョーを勢いづけるラッキーボーイの出現が待ち望まれる。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ