本文へ移動

レイズ筒香デビューあいさつ弾 初安打が初アーチ、監督「かなり特別な選手になれる可能性」

2020年7月25日 14時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
レイズの筒香が5回に2ラン=2020年7月24日(AP)

レイズの筒香が5回に2ラン=2020年7月24日(AP)

 レイズの筒香嘉智選手(28)は24日、ブルージェイズとの開幕戦に「3番・三塁」で先発し、メジャーデビュー。5回の第3打席で先発左腕・柳賢振から左中間に2ランを流し打ち、メジャー初安打が初アーチとなった。
 ベースを一周してベンチに戻ると、仲良しのアダメズが恒例となりつつある日本式のおじぎで祝福。筒香も「気をつけ」の姿勢を取ってから深々とおじぎをし、2人で笑い合った。
 球団公式サイトによれば、アダメズは「開幕戦で打ってくれて、とにかくハッピーだ。これでもっと自信が持てて、練習にも熱が入るだろう。偉大な選手だから、これからもっと(本塁打を)打ってくれるのは分かっているよ」と、あらためて祝った。
 試合は4―6と黒星発進だったため、キャッシュ監督は筒香のアーチについて「開幕戦の中では明るい材料だった」と感謝。さらに「ベンチから見ても『打った瞬間』の一発だったね。かなり特別な選手になれる可能性がある。あまりプレッシャーは掛けたくないが、うちのタフな打線の中でも左投手を苦にせず、右投手にもダメージを与えられる存在だ」と、信頼感を語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ