本文へ移動

ノーヒットノーラン!金沢商・米沢拓海が12奪三振の快投でプロ注目の150キロ右腕・加藤に投げ勝つ

2020年7月24日 11時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
金沢商―金沢龍谷 無安打無得点試合を達成した米沢拓海

金沢商―金沢龍谷 無安打無得点試合を達成した米沢拓海

 2020夏季石川県高校野球大会が23日、開幕した。プロ注目の加藤優弥投手(3年)を擁する金沢龍谷は金沢商に敗戦。金沢商の米沢拓海投手(3年)は無安打無得点試合を達成した。
 プロ注目の150キロ右腕・加藤を相手に、金沢商の米沢拓海投手(3年)がノーヒットノーランの離れ業をやってのけた。直球は最速131キロ止まりだが、チェンジアップやカーブをコーナーに決め12奪三振の快投。「入学直後は球速にこだわったが結果が出ず、それからは制球力を磨いてきた」と語る米沢が、精密な投球術でパワーの加藤に投げ勝った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ