本文へ移動

高校野球 今秋ドラフト候補 ”和田2世”の静岡商・高田琢登にスカウト幹部が集結 「投球うまい」「完成された投手」

2020年7月23日 19時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
10奪三振で完投した静岡商の高田琢登投手

10奪三振で完投した静岡商の高田琢登投手

 2020夏季静岡県高校野球大会(7イニング制)は23日、3回戦が行われ、静岡商は御殿場西に5―1で快勝。今秋ドラフト候補の静岡商・高田琢登投手(3年)は6安打1失点、10奪三振で完投した。石川では県大会が開幕し、星稜は2回戦に進出したが、プロ注目の加藤優弥投手(3年)を擁する金沢龍谷は金沢商に敗戦。金沢商の米沢拓海投手(3年)は無安打無得点試合を達成した。
 最速148キロ左腕が、2戦連続で奪三振ショーを繰り広げた。今大会初先発の高田は、立ち上がりこそ抑え気味だったが、打線の奮起を促すように3回からギアチェンジ。この日の最速で142キロを計測したストレートを中心に攻めて、2戦計26得点の御殿場西打線をねじ伏せた。
 「三振はたくさん取りたいので、イニング数より多く取れたのはうれしい」と高田。4点リードの6回に1点を失ったものの、6回まで毎回の10奪三振。しかも、全て空振り三振の快投だった。
 リリーフ登板した初戦・星陵戦は3イニングで7奪三振。満を持して上がった先発マウンドでも、スライダー、チェンジアップを駆使して仁王立ちした。直球は自己最速には及ばなかったものの、「コースにしっかり投げて、打ち損じさせることができた」と満足げ。「(球速にこだわって)自分に入るのではなく、勝利にこだわって、先発投手として投げられた」と6安打1失点、無四球での完投に胸を張った。
 スタンドには各球団のスカウト部長級がズラリと並んだ。DeNAの吉田チーム統括本部顧問兼球団代表補佐は「完成されたようなピッチャー。投球がうまい。(ソフトバンクの)和田のよう」と高評価。ヤクルト・小川ゼネラルマネジャーも「切れが良くて、いろいろな変化球を投げ分けられる。器用な投手という印象」とうなずいた。
 高校進学の際は県外の強豪校からも勧誘されたが、「父と甲子園」を夢見て、父・高田晋松監督(50)が率いる静岡商に進んだ。コロナ禍の影響もあり、夢はかなわなかったが、次の目標であるプロ入りに向けて、最後の大会でアピールを続ける。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ