本文へ移動

中日の“ミスター・ゼロ”福が5失点と崩壊 与田監督「次はしっかりと抑えてもらいたい」奮起促す

2020年7月23日 18時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人に敗れ、厳しい表情で整列に向かう与田監督(中央)

巨人に敗れ、厳しい表情で整列に向かう与田監督(中央)

◇23日 中日1-6巨人(ナゴヤドーム)


 「ミスター・ゼロ」が崩れ、中日が本拠地ナゴヤドームで巨人に負け越した。開幕から13試合無失点を継続していた中日の福敬登投手(28)がついに失点。同点の8回に4番手で登板すると4安打を浴びて一挙5点のビッグイニングを献上し、敗戦投手となった。与田監督は試合後、「これまで防御率0点で頑張ってくれていたわけだし、今日は使う場所を私が間違えたのかな」と反省しながらも「次はしっかりと抑えてもらいたい」とブルペンで重要な役割を担う左腕にも奮起を促した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ