本文へ移動

「こども店長」でブレークの加藤清史郎が‘’イケメン‘’に成長した姿を披露…「まさに親戚のおばさんの気持ち。大きくなったね」の声も

2020年7月23日 12時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年大橋のぞみ(左)と紅白歌合戦の会見に臨む8歳の加藤清史郎(右)

2009年大橋のぞみ(左)と紅白歌合戦の会見に臨む8歳の加藤清史郎(右)

 CMの「こども店長」としてブレークした俳優の加藤清史郎(18)が23日、日本テレビ系朝の情報番組「スッキリ」に出演。幼少時代の面影を残さないほど男らしい”イケメン”に成長した姿を披露し、視聴者を騒然とさせた。
 この日は主演を務める映画「#ハンド全力」(7月31日全国公開)の宣伝として、共演する醍醐虎汰朗(19)、鈴木福(16)とVTRで出演。加藤は、高校3年間イギリスのロンドンに留学していたと明かし、現地ではサッカー部として活動していたと説明。本気でサッカーに取り組むのは初めてだったので「初っぱなからものすごく壁に当たって、自分にとって苦手なもの、大変なものにどう向き合っていくかという力を養えた」と振り返り、「この経験はこれからの芸能活動にも生きるだろうし、生かさないといけない」と決意表明していた。
 この日のツイッターでは「加藤清史郎くん」がトレンド入り。「イケメンに育って」「名前見るまでわかんなかった」「これはまじ騒ぐよね」「爽やかイケメン」「まさに親戚のおばさんの気持ち。。大きくなったね」と驚きの声が散見され、ネットがちょっとした騒ぎとなっていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ