本文へ移動

“TOKIO独立”国分「大失敗したら(ジャニーズ本体に)戻る可能性ありますよ」松岡「これは冗談抜きで。すぐにたたみます」

2020年7月23日 12時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャニーズ事務所

ジャニーズ事務所

 アイドルグループ「TOKIO」の長瀬智也(41)が来年3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所することを22日にファンクラブサイトで発表した。退所後は「芸能界から次の場所へ向かう」とし、第一線から身を引いてクリエーターに転身する意向を示した。この発表にあたり、残るTOKIOメンバー3人がこのほど東京都内で取材に応じ、長瀬への思いを語るとともに来年4月1日に「株式会社TOKIO」を立ち上げ、ジャニーズ事務所の関連会社として独立することを報告した。
 城島茂(49)、国分太一(45)、松岡昌宏(43)の一問一答は以下の通り。
―独立することへのメリットは
 松岡「今までもらってきた仕事をやるのではなく、自分たちで仕事を取ってきてやる。自分の会社をつくることによって自分たちに責任を課すというやり方のほうが、歳的にもいいだろうと。いいおじさんたちだし、自分たちのことは自分たちでやろうと」
 ―ジャニーズ事務所ではできなかったことができるようになる?
 城島「より専門性が強くなるんでしょうかね。パーソナリティーや自分が経験したことをもっと前面に打ち出して掘り下げていけるのかなと」
 国分「でも、大失敗したら(ジャニーズ本体に)戻る可能性ありますよ」
 松岡「これは冗談抜きで。すぐにたたみます。これをうのみにしてSnow Manあたりが会社つくったらおかしなことになりますから」
 城島「そういう動きがあったら僕が全力でつぶします!」
 松岡「こいつ(城島)なんか数秒でつぶされますよ!」
 ―それぞれ得意分野あると思うが、やってみたいことは?
 国分「僕個人的には、城島さんに企業で講演開いてほしい。『現代リーダー論』とかね」
 ―活躍次第で城島社長から臨時ボーナスが出るかも?
 松岡「後輩に30年、お年玉もあげたことない人が、われわれにボーナスをくれるとは思えない」
 城島「これからの景気次第ですね」

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ