本文へ移動

コロナ禍「最も困難な大会に」 感染対策に課題/海外選手ら不安も

2020年7月23日 05時00分 (7月23日 05時01分更新)
延期となった東京五輪の開幕まであと1年となった国立競技場(奥)と五輪マークのモニュメント=22日、東京都新宿区で

延期となった東京五輪の開幕まであと1年となった国立競技場(奥)と五輪マークのモニュメント=22日、東京都新宿区で

  • 延期となった東京五輪の開幕まであと1年となった国立競技場(奥)と五輪マークのモニュメント=22日、東京都新宿区で
 新型コロナウイルスの収束が見通せない中、来年夏に延期された東京五輪は開催できるのか。IOCと大会組織委員会は競技日程と施設を確定させたものの、課題が山積している。中止や再延期も含め、さまざまなシナリオを探った。 (原田遼、臼井康兆)

◆開催

 「過去のあらゆる五輪の中でも最も困難な大会になる。壮大な、新しい社会実験のようなものだ」
 二〇一六年東京五輪招致にかかわり、五輪ビジネスに詳しい原田宗彦・早稲田大教授(スポーツ経営学)はこう表現する。
 課題は外国人選手らの入国や検疫、選手村や観客席の「三密対策」、ボランティア確保や追加コスト削減など山積している。
 IOCのバッハ会長は観客を減らす可能性に言及しているが、無観客開催や開会式の規模縮小には難色を示した。
 組織委は経費を抑えるための大会簡素化について検討中だが、公表は秋になる。感染症対策についても秋以降に検討するとして、具体策は見えない。
 開催へ最もスムーズなのは、ワクチンが早期に開発されるケースだ。国内では製薬ベンチャーのアンジェスが六月、国内初の治験を開始。英製薬大手アストラゼネカは来月にも日本で治験を始める方向という。
 ただ、ワクチ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報