本文へ移動

藤井聡太棋聖「将棋に専念」大学進学は考えず…地元愛知のテレビインタビューで明かす

2020年7月22日 18時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤井聡太棋聖

藤井聡太棋聖

将棋は「どこまでいっても理想というところには届かないぐらい深い」

 史上最年少で将棋のタイトルを手にした藤井聡太棋聖(18)は22日、地元愛知の夕方ニュース番組「5時スタ」(テレビ愛知)のインタビューで、初戴冠におごることなく、棋力向上に真摯(しんし)に取り組む姿勢をにじませた。
 理想の棋士像を問われると「将棋自体がどこまでいっても理想というところには届かないぐらい深いと思っている」と10代とは思えない将棋観を示した上で「棋士としてはより多くの方に将棋の魅力、面白さを伝えられるようになりたい」と語った。
 好きな言葉を「探求」と色紙に書いたことについては「将棋は非常に難しいゲームなので、これからも探求心を持って取り組んでいきたい」と話した。高校卒業後は「将棋に専念したい」と大学進学は考えていない様子だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ