F1表彰式でロボットからトロフィー…優勝のハミルトンも困惑「投げてもらった方がマシ」 厳重な”ニューノーマル”に「やりすぎ」「いいんじゃない?」の賛否

2020年7月23日 18時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加

◇記者コラム


 猛威を振るい続ける新型コロナウイルスの影響は至る所に及んでいる。モータースポーツの表彰式には濃厚接触を避けるべく、無線で遠隔操作されたロボットがプレゼンターとして登場。四角い台がスーッと動いて勝者の元にトロフィーを届けるという、見慣れない光景が広がった。
 12日のF1第2戦シュタイアーマルクGPで優勝したメルセデスのルイス・ハミルトン(35)=英国=は「本当に変な時間だった。あれなら投げてもらった方がよかったかも」と違和感を口にする。勝利を祝う大切な儀式が味気なく改変されたことに我慢ならない様子。レース開催にあたって既に厳重なコロナ対策が施されていることもあり、「はっきり言って、やりすぎだよ」と口をとがらせた。
 一方、同僚で2位のバルテリ・ボッタス(30)=フィンランド=は「ただトロフィーが手元に届くだけなんだし、いいんじゃないかな」と好意的だった。先だって行われたF2第2戦のレース1の表彰式では、ホンダの育成プログラムでカーリンから初参戦する角田裕毅(20)が自身初の表彰台で〝新様式〟を経験した。
 選手によって意見は分かれているようで、個人的にも、まだ賛成とも反対とも意...

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ