中学の部活動、後輩と思い共有 長浜で23日から交流戦

2020年7月22日 05時00分 (7月22日 11時44分更新) 会員限定
 全国中学校体育大会や県中学校夏季総合体育大会などが中止なったことを受け、長浜市などの中学運動部の「中学三年生締めくくり交流戦」が二十三日から始まる。市立西中学(高田町)では、集大成にかける思いを共有しようと、文化系を含む全十四部活動が動画をつくり、二十一、二十二日の給食時間に各教室のテレビ画面で「壮行会」として放映している。(川添智史)

あすから交流戦、動画でメッセージ 長浜・西中

各部活動の決意表明の動画に見入る2年生たち=長浜市高田町の西中で

 交流戦は、競技人数が足りない場合を除き、参加は三年生のみ。一、二年生は応援だけでなく、会場を訪れることもできない。動画は一分間ほどで、引退の瞬間に立ち会えない一、二年生へのメッセージも込めた。
 二十一日は七部活動が登場。新型コロナウイルス感染防止のため、生徒たちがおしゃべりなしで食事する中、ユニホームを着た部員たちが画面に登場し、「全力で取り組み、全力で楽しむ」などと抱負を語った。
 女子バレーボール部は「今までで一番良い試合をしたい」などと発表。三年の竹備理子主将(14)は「技術だけでなく、礼儀など代々引き継いできたことも大切にしてほしい」との思いも込めたといい、二年の坂本萌愛(もあ)さん(13)は「あと少...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧