本文へ移動

ヤクルト・原が1年ぶりマウンドで粘投!復活1勝

2020年7月22日 10時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
今季初勝利を挙げたヤクルト・原(左)は、ウイニングボールを手に高津監督とタッチをかわす=21日、横浜スタジアムで

今季初勝利を挙げたヤクルト・原(左)は、ウイニングボールを手に高津監督とタッチをかわす=21日、横浜スタジアムで

◇21日 DeNA 4ー6 ヤクルト(横浜)

 ヤクルトの原が復活ののろしを上げた。昨年6月18日のソフトバンク戦(神宮)以来の登板で、5イニングを7安打3失点の粘投。同2日のDeNA戦(横浜)以来となる白星を手にした。
 立ち上がりは最悪だった。「1年ぶりで緊張した」という初回にいきなり3失点。それでも、尻上がりに調子を上げ、ピンチで踏ん張り、戦列を離れた石川の代役で意地を見せた。
 「去年けがをして年内は全く前に進まなかった。原因が分かっていれば不安はなかった」。上半身のコンディション不良に苦しんだ2016年のドラフト1位右腕。厳しい試練を乗り越え、光が差した。高津監督は「初登板の樹理(原)で勝てたのは大きな意味がある」と強調。次回登板は未定ながら、5年目右腕のさらなる進歩を期待した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ