黄色の大輪 笑顔も咲いた 大野でヒマワリ見頃

2020年7月22日 05時00分 (7月22日 09時40分更新)
高原を夏色に染めるヒマワリ=大野市のスターランドさかだにで(蓮覚寺宏絵撮影)

高原を夏色に染めるヒマワリ=大野市のスターランドさかだにで(蓮覚寺宏絵撮影)

  • 高原を夏色に染めるヒマワリ=大野市のスターランドさかだにで(蓮覚寺宏絵撮影)

 大野市蓑道の農業体験施設「スターランドさかだに」で、一万本のヒマワリの花が見頃を迎えている。
 同施設のヒマワリ畑は、六呂師高原に広がる緑と市街地の遠景に黄色い大輪の花々が映え、夏の人気スポットになっている。二十一日午前中は、夏の青空が広がり、若者やアマチュアカメラマンらが、四千平方メートルの畑に入って写真を撮ったり、観賞したりした。
 伊藤武雄支配人(68)によると、見頃は二十六日ごろまでで、「ヒマワリの黄色い花は、幸せな気分になり、元気を与えてくれる。ぜひ見に来てほしい」と呼び掛けている。 (山内道朗)

関連キーワード

PR情報