新田谷やる気満々の全日本シニア初合宿 昨年末の骨折で引退撤回「スケートが好き。辞めて後悔しないか」

2020年7月21日 22時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 フィギュアスケート女子で、2017年ユニバーシアード銀メダルの新田谷凜(にたや・りん、22)=中京大=が21日、大阪府内の関空アイスアリーナで行われた全日本シニア合宿に参加。「シニア合宿は初めて。すごく(いろんなことを)吸収して、いい合宿にして帰ろうかなと思っています」とやる気満々だった。
 昨年12月の全日本選手権で自己最高の7位となり、昨季限りで引退する予定だったが、今季の現役続行を決めた。昨年末に骨折した時にじっくり自分と向き合う時間ができ、「やっぱりスケートを続けたい。まだ自分は頑張れる。自分はスケートが好きなんだ。ここで辞めて後悔しないかを考えた」と引退を撤回。相談した家族からは「せっかく頑張れることがあるなら続けたらいい」と背中を押された。
 今季のプログラムはショートプログラムが昨季と同じ「レッド・バイオリン」で、フリーは「ブラック・スワン」となった。今季の大きな目標は「昨季の自分に勝つ」こと。「毎日毎日、自分に勝つことを更新していきたい」。新たな境地に入ったりりしい22歳が力強く、意気込みを口にした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ