「大村知事のリコールに反対」 共産党県委が運動展開へ

2020年7月22日 05時00分 (7月22日 05時00分更新) 会員限定
 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長らが進める大村秀章知事のリコール(解職請求)運動について、共産党県委員会は二十一日、名古屋市役所で記者会見し、県内で反対運動を展開することを明らかにした。
 高須氏らは、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の展示作品を巡る対応などを巡り、大村知事を強く批判。河村たかし市長も賛同している。
 会見に臨んだ石山淳一書記長は、リコールについて「表現の自由を否定し、旧日本軍の美化を求める運動に正当性はない」と指摘。高須氏らが署名活動を始めるとしている八月以降、賛同しないよう街頭などで県民に呼び掛けるという。
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧