かば焼き、香ばしい匂い 土用の丑の日、うなぎ店活気

2020年7月21日 05時00分 (7月21日 05時00分更新) 会員限定
 二十一日は土用の丑(うし)の日。県内の料理店や鮮魚店などでは前日の二十日も、暑さを乗り切るスタミナを付けようと多くの客が訪れて活気を見せた。
 福井市毛矢一の「うな信」では午前中から、ウナギを焼く香ばしい匂いが店内に漂った=写真。一九七一(昭和四十六)年の創業以来継ぎ足しているという秘伝のたれを使う。板前が串に刺したウナギをたれに二度付けし、肉厚な身に味を染み込ませ、照りを出して仕上げていった。
 二代目おかみの松村美貴さんによると、今年は持ち帰りの客が多め。店内も、換気設備を整えるなど感染対策を取って客を迎える。松村さんは「看板メニューのせいろ蒸しは、焼いて一度蒸すことで皮まで柔らかく食べられます」と話していた。
  (坂本碧)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報