本文へ移動

Jリーグ「まだ予断を許さない状況」8月1日からの観客制限緩和見送り 酒類販売も

2020年7月20日 19時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
試合前にマフラーを掲げるFC東京のサポーター

試合前にマフラーを掲げるFC東京のサポーター

『5000人制限』8月10日まで延長


 Jリーグは20日、全56クラブの代表者による臨時実行委員会をオンラインで開き、新型コロナウイルスの感染者が東京都を中心に再び増加していることを受け、上限5000人もしくはスタジアム収容率50%の少ない方とする現行の観客制限を8月10日まで延長することを決めた。
 政府の方針に従い、8月1日からは観客数の上限を収容率50%に引き上げる方針だったが、この日午前、日本野球機構(NPB)と設置した新型コロナウイルス対策連絡会議の専門家チームから見解と助言を受け、観客制限の緩和やアウェー席の設置、酒類販売の見送りを全会一致で決定した。村井チェアマンは「まだ予断を許さない状況を鑑みたクラブの総意」と説明した。
 8月11日以降の観客制限については、今月22日に開かれる政府の新型コロナ対策分科会、27日に開催するNPBとの対策連絡会議の見解を受け、同日午後の実行委員会で再協議する方針。村井チェアマンは「助言をちょうだいしながら、機動的に判断していきたい」と慎重に話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ