本文へ移動

ヤクルト1位・奥川恭伸がプロ初被弾&初失点…元巨人で7年目の楽天・和田恋に右越え2ランを浴びる

2020年7月20日 16時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクルトの奥川

ヤクルトの奥川

 ヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手(19)=石川・星稜高=が20日、イースタン・リーグの楽天戦(ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉)に先発し、プロ最長の2イニング2/3を5安打3失点、3奪三振だった。
 3―0の1回は2死三塁から元巨人で7年目の和田恋内野手(24)に高めの直球を右翼席に運ばれてプロ初被弾、初失点を記録。2回は先頭から2連続安打で無死一、三塁のピンチを招くと、併殺の間に1点を追加された。
 期待のルーキーは6月20日のイースタン・リーグ、西武戦(戸田)で公式戦デビュー。これまで同リーグの3試合に先発し、計4イニングを1安打無失点、6奪三振に抑えていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ