本文へ移動

日本ハム・吉田輝星が2軍戦で3回無失点5K…栗山監督も朗報に「ボールの質が良かった」とエビス顔

2020年7月20日 00時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハムの吉田輝星投手

日本ハムの吉田輝星投手

 日本ハムの栗山英樹監督(59)が19日、千葉・鎌ケ谷スタジアムで行われたイースタン・リーグのDeNA戦に先発して3イニング無失点、5奪三振と好投した吉田輝星投手(19)の投球を「本当によかったんじゃないかな」と評価した。
 吉田輝はこの日、のべ10人の打者から5三振を奪う投球を披露。その様子を映像でチェックした栗山監督は、札幌ドームでのロッテ戦後の会見で「ウチに来て初めてぐらいのバランスの感覚と、腕の振りから球が来る感じとか、彼の良さが出て本当に良かったなと思います。ボールの質が良かったよね」と分析した。
 ただ、この日は3イニング限りで降板したことから、栗山監督は吉田輝が1軍に昇格するためには、2軍の試合で長いイニングを投げて今回のような好投が必要と指摘。「(DeNA戦は)本当に良かったけど、あれが普通にならないと…。それを待っている」とさらなる鍛錬を期待した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ