マスク義務化、全米で論争 50州中、28州で実施

2020年7月20日 05時00分 (7月20日 05時01分更新) 会員限定
15日、米ジョージア州アトランタの空港で、マスク未着用のトランプ大統領(右)を、マスクを外して出迎えるケンプ知事(右から3人目)=AP

15日、米ジョージア州アトランタの空港で、マスク未着用のトランプ大統領(右)を、マスクを外して出迎えるケンプ知事(右から3人目)=AP

  • 15日、米ジョージア州アトランタの空港で、マスク未着用のトランプ大統領(右)を、マスクを外して出迎えるケンプ知事(右から3人目)=AP
 【ワシントン=岩田仲弘】全米でマスク着用義務化の是非を巡る論争が激化している。新型コロナウイルスの新規感染者が一日六〜七万人ペースで増えるなど感染拡大に歯止めがかからない中、五十州の半数以上が公共の場での着用を義務化した。だが、南部の複数州の共和党知事は、着用に後ろ向きなトランプ大統領を忖度(そんたく)するかのように義務化を拒否している。
 米ABCテレビによると、州全体で着用を義務づけているのは二十八州。今月初めには、着用に否定的だったテキサス州のアボット知事が感染者の急増を受けて方針転換し、十五日にはアラバマ州のアイビー知事も義務化の行政命令を出した。
 一方、フロリダ州は五月に営業規制の緩和に踏み切った結果、新規感染者が一日一万人ペースで急増しているものの、デサンティス知事は義務化に慎重。同州ジャクソンビルでは八月末、トランプ氏を正式に共和党大統領候補に指名する党大会が予定されている。

■知事がコロナ感染

 オクラホマ州のスティット知事に至っては十五日、自ら感染を発表したものの「少々体がうずくだけだ」と強調。「マスクを着用しない権利を尊重したい」と述べた。
 州政府と自治体のねじれが激し...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報

国際の最新ニュース

記事一覧