本文へ移動

走り幅跳びで深沢(東海大翔洋)が優勝 陸上の県高校総体代替大会

2020年7月20日 05時00分 (7月20日 05時01分更新)
男子走り幅跳びで優勝した深沢瑞樹選手(東海大静岡翔洋)=袋井市のエコパスタジアムで

男子走り幅跳びで優勝した深沢瑞樹選手(東海大静岡翔洋)=袋井市のエコパスタジアムで

  • 男子走り幅跳びで優勝した深沢瑞樹選手(東海大静岡翔洋)=袋井市のエコパスタジアムで
  • 女子やり投げで優勝した田畑美羽選手(磐田農)=袋井市のエコパスタジアムで
  • 男子走り高跳びで優勝した太田蒼翔選手(浜松市立)=袋井市のエコパスタジアムで
 陸上の県高校総体代替大会が十八、十九の両日、袋井市のエコパスタジアムで開かれた。
 東、中、西部の各地区予選を勝ち抜いた選手が出場。男女三十九種目の決勝などで競った。
 男子走り幅跳びでは、深沢瑞樹選手(東海大静岡翔洋)が国内高校一年生歴代最高記録(7メートル55)を二十年ぶりに更新する7メートル67を跳んで優勝。同走り高跳びは太田蒼翔(あおと)選手(浜松市立)が2メートル14の大会新で制し、同1600メートルリレーの磐田北、同ハンマー投げの鈴木潤壱選手(浜松北)、女子やり投げの田畑美羽選手(磐田農)も大会新で優勝した。女子の室月里莉花選手(東海大静岡翔洋)は個人種目とリレーを合わせ四冠を飾った。 (石川淳)

◆田畑(磐田農)復調の大会新

 女子やり投げを48メートル73の大会新で制した田畑美羽選手(磐田農三年)は、「今日は50メートルを狙っていたから納得はしていません」と合格点を出さなかった。
 前半三回を終えて44メートル台が最高だったが、後半で盛り返した。四回目に45メートル22を投げると、最後の六回目で48メートル73を投げて、従来の大会記録を十一年ぶりに塗り替えた。
 昨年秋の県高校新人大会で右肘を痛め、代表に選ばれていた国体を棄権。今年になっても肘は完治せず、休校などもあって満足いく練習が積めなかった。
 今もリハビリをしながらの練習が続くが、県西部大会で45メートルを越え、この日は48メートルと復調に近づいている。「今日は前半は良くなかったけれど、後半でスイッチを切り替えられたのが良かった。少しずつ戻し、今年中に50メートルを越えたい」とこの日果たせなかった目標達成に意欲を見せた。

◆太田(浜松市立)会心の跳躍

 男子走り高跳びを2メートル14の大会新で制した太田蒼翔選手(浜松市立三年)は「踏み切りを力強くできたのが良かった」と勝因を自己分析した。
 1メートル96から試技を始めると、2メートル11までをすべて一回でクリアするなど絶好調だった。従来の大会記録を三十年ぶりに塗り替える2メートル14を二回目に越え、これまでの自己ベスト2メートル08を一気に6センチも更新する会心の跳躍を見せた。
 昨年のインターハイは二位で、今年は地元のエコパスタジアムで開かれる予定だったインターハイでの優勝を誓っていたが、コロナ禍で無念の中止。当初は悔しさも覚えたが、「仕方ない。受け止めるだけ」と気持ちを切り替え、トレーニングに励んできた。その成果が実を結んでの記録の大幅更新になったが、「今日は好調だったけれど、天候などコンディションにも恵まれた」と好記録におごることはなかった。

関連キーワード

PR情報