全都道府県で唯一無かった 福井県でフルマラソン開催へ、2023年度

2020年7月19日 14時00分 (7月19日 14時00分更新) 会員限定
県内でのフルマラソン開催について話し合った検討委員会の第1回会合=福井市のアオッサで

県内でのフルマラソン開催について話し合った検討委員会の第1回会合=福井市のアオッサで

  • 県内でのフルマラソン開催について話し合った検討委員会の第1回会合=福井市のアオッサで
 県と福井市、民間団体の代表者でつくる福井フルマラソン検討委員会の第一回会合が十七日、福井市のアオッサで開かれ、二〇二三年度にフルマラソン大会を県内で開催することを決めた。四十七都道府県でフルマラソン大会がないのは福井だけ。北陸新幹線敦賀開業の記念の年に、最後発県として独自色を全面に出した大会の開催を目指す。 (谷出知謙)
 検討委は一日に設置された。今後は開催時期やコース案などを盛り込んだ基本計画を策定。本年度末に実行委員会を設置し、関係機関と調整などをしていく。福井市を中心としたコースを想定し、開催の一年前には実際のコースで距離を短くして走るプレ大会を予定している。本年度は基本計画策定委託費などに五百万円の予算を盛った。
 二〇〇七年に東京マラソンが始まって以降、全国ではランニングへの関心が高まり、週一回以上走るランニング人口は〇六年の二百九十八万人から一八年は五百五十万人に増えた。経済波及効果も事業費の三〜五倍で、県外からの参加者も多いことから開催を決めた。県内では二〇〇九年まで九頭竜フルマラソン大会が開かれていた。
 大会開催に向けてはコースや開催時期、ランナーのおもてなしや関連イベ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報