本文へ移動

19日に誕生日 藤井聡太棋聖が17歳最後の対局を白星で飾る!次戦は0勝4敗豊島二冠と注目の対戦

2020年7月18日 17時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤井聡太新棋聖

藤井聡太新棋聖

◇第41回将棋日本シリーズJTプロ公式戦1回戦

 将棋の最年少タイトルホルダー・藤井聡太棋聖(17)は18日、東京都渋谷区のスタジオ「シャトーアメーバ」で指された第41回将棋日本シリーズJTプロ公式戦1回戦で菅井竜也八段(28)に103手で勝利した。16日の棋聖戦第4局で渡辺明二冠(36)を破って初冠を獲得し、19日に18歳の誕生日を迎える高校生棋士は、棋聖としての初戦にして17歳最後の対局を白星で飾った。
 2回戦は9月12日、過去0勝4敗とまだ公式戦で勝ったことのない豊島将之竜王・名人(30)と激突する。これまた注目の一戦となる。タイトル・順位で選抜された棋士12人が参加するJTプロ公式戦は、例年なら全国各地で公開対局を行うところ、新型コロナ感染防止のため、9月12日までは地方開催を見合わせ、同スタジオでの無観客開催となっている。
 盤上は後手・菅井八段の四間飛車穴熊に対して居飛車穴熊に構えた藤井棋聖。相手の左銀が遊兵となっているのを見て仕掛けたのが機敏で、着実に局面をリードすると、そのまま押し切る完勝劇だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ