DeNA今季初の3連敗 ラミレス監督の采配裏目 1点ビハインドの無死一塁で強攻策失敗「雨はこのまま9回まで…」

2020年7月17日 21時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラミレス監督

ラミレス監督

  • ラミレス監督

◇17日 DeNA1-2巨人(横浜)

 土砂降りの中の粘投は実らなかった。DeNAは本拠地に帰って初の観客を収容した試合。先発の井納は6イニング2失点に抑えたが、チームは今季初の3連敗で6月23日以来の勝率五割に逆戻りした。ラミレス監督は「井納はいい投球で試合をつくってくれたが、打線がチャンスをつくりながらも得点できなかった」と敗因をあげた。
 1点ビハインドの5回だった。いつコールドになってもおかしくない強い雨の中、先頭・戸柱が右前打で出塁も大和、井納が強行して凡退。勝負どころで下位の2人にバントのサインを出さなかった理由に関して、指揮官は「戸柱は足が遅いので、バントでは併殺になる可能性が高い。三振でもいいから併殺は避けたかった。雨はこのまま9回までできるかと思った」と説明した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ