日本ハムは“段階的緩和”の8月も4日からの西武6連戦は入場制限5000人のまま…今後の情勢によって変更の可能性も

2020年7月17日 16時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
札幌ドーム

札幌ドーム

  • 札幌ドーム
 日本ハムは17日、本拠地の札幌ドームで8月4日から行う西武6連戦のチケットの販売概要を発表。1試合につき5000人の入場制限を設けるとした。
 政府や北海道が示しているプロスポーツなどのイベント開催制限の段階的緩和の目安によると、8月1日からは収容人員の50%までの入場が可能となるが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、7月中の有観客試合や8月1日のオリックス戦に続いて全席指定、5000席限定での販売となった。また、球団は今後の情勢の変化によって5000人という入場制限の設定数が増える場合があるとしている。
 この西武6連戦は、チームがアイヌ民族文様をモチーフにした限定ユニホームを着用する「北海道シリーズ2020 WE LOVE HOKKAIDO」として開催することが決まっており、7~9日は来場者全員に、シリーズ限定ユニホーム(フリーサイズ)がプレゼントされる。チケットの販売日や価格など詳細は球団公式サイトを参照。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ