本文へ移動

ダルビッシュは2度目のメジャー開幕投手ならず「ヘンドリックスなら無難な…」自身の言葉が現実に 第2戦先発へ

2020年7月17日 16時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
カブスの開幕戦が行われるリグレー・フィールド(AP)

カブスの開幕戦が行われるリグレー・フィールド(AP)

 カブスのロス監督は16日、24日に本拠地シカゴでブルワーズを迎え撃つ開幕投手に右腕カイル・ヘンドリックス(30)を指名。ダルビッシュ有(33)は翌25日の同カードに先発させると明かした。球団公式サイトなどが報じた。
 「健康面と、なるべく少ない球数で長いイニングをこなせることが、間違いなく先発ローテ順番決定の要素になった。さらに、誰が最も調整が進んでいるか、キレがあるか、感触がいいかも考慮した」
 レンジャーズ時代の2017年に続くメジャー3年ぶり2度目の大役を逃したダルビッシュは12日、開幕投手についてヘンドリックスなら「大崩れしない無難な」選択で、自身なら「ギャンブル性がある」と、冗談交じりに語っていた。昨季後半は防御率2・76をマーク。現在の夏季キャンプで直近の実戦登板だった14日の紅白戦は、61球で3イニング3分の2を2安打2失点だった。
 メジャー7年目で初の開幕投手を射止めたヘンドリックスは、ピンポイント制球が身上の技巧派。16年はメジャートップの防御率2・13をマークし、直近4年間は48勝34敗、防御率3・01。ダルビッシュと“直接対決”した14日の紅白戦は、わずか66球で6イニングを1安打無失点に抑えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ