本文へ移動

東宝、コンサート版「ジャージー・ボーイズ」初日から4公演を中止 劇場勤務の従業員がコロナ感染のため

2020年7月17日 10時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
帝国劇場

帝国劇場

 東宝は16日、東京・帝国劇場で18日に開幕予定だった公演「ジャージー・ボーイズ イン コンサート」(~8月5日)について、同劇場の従業員1人が新型コロナウイルス感染が判明したため、21日までの4公演を中止することを発表した。18~21日はライブ映像配信が予定されていたが、この3日間は無観客とした上で配信は予定通り行うという。
 もともとミュージカル「ジャージー・ボーイズ」として今月6日に帝劇で初日を迎える予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でその後の地方公演を含めて全公演が中止となっていた。楽しみにしてくれていた人たちのため、政府が示すガイドラインに従い、感染予防策を講じた上でコンサート形式による上演を決定。帝劇の公演再開第1弾作品となり、中川晃教(37)らミュージカル版キャストが出演する。
 劇場が長期休館中で外部との接触がなかったことや従業員間でも濃厚接触者がいなかったことを鑑み、千代田保健所からは予定通りの上演が可能との判断を受けたものの、東宝は観客の安心・安全を最優先して4公演の中止を決めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ