本文へ移動

お台場が舞台の都会的コース 東京五輪トライアスロン

2018年8月3日 02時00分 (6月21日 10時50分更新)
 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は2日、東京・お台場が舞台となるトライアスロンのコースを発表した。ベイエリアを象徴する名所のレインボーブリッジや観覧車、商業施設群を望みながらのレースとなり「史上最も都会的なコース」としている。
 お台場海浜公園がスタートとゴール、次の種目に移行する「トランジション」の地点となる。五輪で1・5キロのスイムは公園内の海に設置する浮桟橋から飛び込み、1キロを1周、さらに500メートルを1周する。5キロの道のりを8周するバイクは公園から南に向かい、都市型スポーツの会場群「アーバンクラスター」や、花と緑に囲まれたシンボルプロムナード公園を東に抜け、北進してお台場海浜公園に戻る。ランは同公園周辺で2・5キロを4周する。
 新種目の混合リレーとパラリンピックは距離の違いなどのためコースが異なり、バイクはリレーでは有明テニスの森公園、パラリンピックは豊洲市場の近くまでを使う。
 国際トライアスロン連合は起伏のあるコースを求め、バイクでレインボーブリッジの使用を要求したが、組織委は交通への影響が大きいとして断念。高低差の少ないコースとなったが、レース展開にアクセントを付けるため、技術が要求されるカーブを多く設定した。

関連キーワード

おすすめ情報

東京五輪の新着

記事一覧