本文へ移動

DeNA球団公認のリセールサービス開始を発表 チケットの不正転売対策 主催公式戦の一部で

2020年7月16日 17時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「チケトレ」サービスのイメージ

「チケトレ」サービスのイメージ

 DeNAは16日、チケットの不正転売対策として、8月14日ヤクルト戦(横浜)以降の主催公式戦の一部チケットを対象に、球団公認のリセールサービスを開始することを発表した。
 チケットを買っていたのに球場に行けなくなった場合は「チケットぴあ」が管理を行う球団公式2次流通マーケット(トレード)サービス「チケトレ」を通じて出品し、1次流通でチケットが手に入らなかった人も、適正料金(券面価格に手数料が発生)で購入できるようになる。
 スマホチケット(スマチケ)はサービス対象外で、各種グループ席の個別出品は不可。代金はチケトレ運営事務局で預かるため、客同士のトラブルを避けられる。
 詳しくは球団公式ホームページまで。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ