名古屋ブルーノート、無期限休業 コロナ影響、廃業検討

2020年7月16日 05時00分 (7月18日 13時11分更新) 会員限定
無期限の休業を決めたことが分かった「名古屋ブルーノート」=15日午後、名古屋・栄で

無期限の休業を決めたことが分かった「名古屋ブルーノート」=15日午後、名古屋・栄で

  • 無期限の休業を決めたことが分かった「名古屋ブルーノート」=15日午後、名古屋・栄で
 国内外の大物ミュージシャンが出演してきた名古屋・栄のジャズクラブ「名古屋ブルーノート」が、無期限の休業を決めたことが分かった。名古屋市の運営会社によると廃業を検討している。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、二月末以降はライブ中止が続き、売り上げが落ち込んでいた。十四日夜に店の公式サイトで「当面の間の休業」を発表していたが、今後も券売回復の見通しが立たないと判断した。
 二〇〇二年、米ニューヨークの名門ジャズクラブ「ブルーノート」の支店として日本で四番目に開業。中部地方で海外の一流アーティストを見られる数少ない場所として親しまれ、ピアニストのオスカー・ピーターソンさんやハービー・ハンコックさん、歌手のヘレン・メリルさんらが出演した。日本人では渡辺貞夫さんや山下洋輔さんらが定期的にライブを行っていた。
 運営会社によると、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報

新型コロナ(ニュース)の最新ニュース

記事一覧