桐生祥秀、今季の目標は日本記録奪回! 来夏五輪へ「狙っていきたい」

2020年7月15日 19時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
桐生祥秀

桐生祥秀

  • 桐生祥秀
 陸上男子100メートル前日本記録保持者の桐生祥秀(24)=日本生命=が15日、オンラインで取材に応じ、今季中の日本記録奪回を目標に掲げた。
 新型コロナウイルス感染拡大防止に努めながら、陸上界でも大会が徐々に再開されている。東京五輪は延期となったが、今季の目標は「日本記録を出してから僕は更新できていないので、日本記録を狙っていきたい」と宣言。東洋大4年の2017年に当時の日本記録となる9秒98をマークしたが、昨夏にサニブラウン・ハキームが9秒97の日本新記録を樹立。だからこそ、再び日本記録保持者となって、来夏の五輪へつなげたいという思いだ。
 現時点で出場が決まっている大会は、8月29日に福井県立陸上競技場で開かれる「アスリートナイトゲームズイン福井」。桐生が記録を樹立したことにちなみ「9・98スタジアム」の愛称で知られる思い出の地だ。
 桐生の出場はまだ決まっていないが、8月に国立競技場で行われるセイコーゴールデングランプリや、10月の日本選手権など、主要大会の開催予定が発表された。「今年の大会はこれまでと違ったものになると思うが、記録であったり順位であったり、自分が目標としている優勝は獲りにいきたい」と意気込んだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ