本文へ移動

巨人・原監督がミスター超えの監督通算1035勝…チーム歴代単独2位浮上 1位は川上哲治監督の1066勝

2020年7月14日 21時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回、選手交代を告げる巨人・原監督

6回、選手交代を告げる巨人・原監督

◇14日 広島2ー7巨人(マツダ)

 巨人の原辰徳監督(61)が監督通算1035勝目を飾り、並んでいた長嶋茂雄終身名誉監督を抜き、チーム歴代単独2位になった。
 4連敗で迎えたこの日は3回に丸の適時二塁打で先制すると、4番岡本に10試合ぶりとなる6号3ランが飛び出し、序盤から主導権を握った。さらに6回にもパーラの適時打などで3点を追加し、さらにリードを広げた。
 投げては先発の菅野が毎回走者を出しながらも、5イニング4安打無失点の投球で今季3勝目。原監督にメモリアルの1勝をプレゼントした。
 巨人の監督通算勝利数歴代1位は、川上哲治監督の1066勝となっている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ