Bリーグ選手ら880人定期的にPCR検査 10月開幕シーズンの2週間ごとに

2020年7月14日 20時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bリーグの島田チェアマン

Bリーグの島田チェアマン

  • Bリーグの島田チェアマン
 プロバスケットボールのBリーグは14日、東京都内で理事会を開催し、10月2日開幕の来季は新型コロナウイルス感染症対策として、選手ら880人に定期的なPCR検査を実施することなどを決定した。検査を行う対象はB1(1部)、B2(2部)の選手のほかチームスタッフ、審判ら。シーズン中は2週間ごとに実施する。
 また、リーグで専門家を集めた感染症対策チームを設立するほか、ガイドラインを策定。各会場には入場口や関係者入り口にサーモグラフィーや来場者用の消毒液などを設置するよう、要請する。これらの対策にかかる費用はリーグ負担とし、PCR検査については約3億円と想定している。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ