キンプリ永瀬、聖地アキバにママチャリで登場「限界のその先という状況が何回もあった過酷な撮影」

2020年7月14日 20時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
映画「弱虫ペダル」のイベントにママチャリで登場した永瀬廉。左から2人目は橋本環奈

映画「弱虫ペダル」のイベントにママチャリで登場した永瀬廉。左から2人目は橋本環奈

  • 映画「弱虫ペダル」のイベントにママチャリで登場した永瀬廉。左から2人目は橋本環奈
 アイドルグループ「King&Prince」の永瀬廉(21)が主演する映画「弱虫ペダル」(三木康一郎監督、8月14日公開)のキックオフイベントが14日、東京・秋葉原UDXで開かれた。
 「週刊少年チャンピオン」に連載中で、累計2500万部を突破したスポーツ青春漫画を実写映画化。永瀬が演じる主人公のオタク高校生・小野田坂道が、あるきっかけで自転車競技部に入部し、仲間たちとともにインターハイ出場を目指して奮闘する姿を描く。
 坂道が地元の千葉から秋葉原にママチャリ通学していたという設定をもとに、永瀬もこの日、劇中で使用したママチャリに乗って撮影でも訪れた“聖地”に登場し、伊藤健太郎(23)や橋本環奈(21)ら豪華共演陣に迎えられた。
 ロードレーサーでプロでもきついコースに挑戦したという永瀬は「暑かったり寒かったり、いろんな状況が相まって撮影していたので、限界のその先という状況が何回もあったくらい過酷でした」と振り返りながら、「苦しそうな表情をすればするほど、監督が喜んでいましたね」と、三木監督のドSぶりを暴露した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ