巨人が新ファーム球場の開場を2024年3月以降に延期…東京・稲城市に計画中

2020年7月14日 16時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 巨人は14日、東京都稲城市に計画中の新しいファーム専用球場の開場を予定していた2023年3月から24年3月以降に延期すると発表した。新型コロナウイルスの収束が見通せない中、選手や観客の安全と安心確保のため球場の設計などを見直す必要があると判断した。
 球団によると新ファーム球場の建設予定地は、稲城市の南山東部土地区画整理事業の区域内で敷地面積は4万2133.77平方メートル。新球場を若手選手育成の拠点とする方針に変更はなく、少年野球や女子野球などにも活用し、多摩地区全体の地域振興に役立てたいとしてる。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ