本文へ移動

11月のフィギュア中国杯は予定通り ISUに中国の担当者から開催認める説明

2020年7月14日 12時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年の中国杯で2位の宮原

昨年の中国杯で2位の宮原

 国際スケート連盟(ISU)は13日、中国・重慶で開催するフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦中国杯(11月6~8日)を予定通り行うと発表した。
 中国国内での国際的スポーツイベントについては、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策の一環として、今年に予定されている国際大会を、2022年北京冬季五輪のテスト大会以外は原則として開催しないことを国家体育総局が9日に発表していた。
 しかし、この日のISUの発表によると、中国杯は北京冬季五輪のテスト大会を兼ねて開催されるGPファイナル(12月10~13日、北京)につながるGPシリーズの大会の1つであるため、予定通りの日程での開催を認めると中国側の担当者から説明を受けたという。
 ISUは「北京冬季五輪のテスト大会となるGPファイナルは、2020年の終わりまで国際大会を開催しないという(中国側の)決定の影響を受けない」としたほか、北京冬季五輪の会場で開催するスピードスケート・ショートトラックW杯(12月18~20日)も予定通りの日程で行う方針も明らかにした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ