大津で地滑り、市道40メートル崩落 現場周辺が通行止め

2020年7月14日 05時00分 (7月14日 11時38分更新) 会員限定
地滑りが起こった市道=大津市伊香立下在地町で(大津市提供)

地滑りが起こった市道=大津市伊香立下在地町で(大津市提供)

  • 地滑りが起こった市道=大津市伊香立下在地町で(大津市提供)
 十二日午前六時四十五分ごろ、大津市伊香立下在地町の市道で地滑りが起き、長さ約四十メートルにわたり道路が崩落した。市は、現場周辺を約一キロにわたって通行止めしている。付近の下龍華自治会には十八世帯が入っており、市は市道の利用者に迂回(うかい)を求めている。
 大津市によると、現場は国道477号から東に五百メートルほど進んだ山間地域の道路で、歩道を含めると幅約十メートル、片側一車線。道路の土台部分の斜面で地滑りが起きた。被害が激しい部分では、幅約五メートル、深さ約百メートルの崩落となっている。十三日現在で、復旧のめどは立っていない。
 彦根地方気象台によると、大津市南小松の観測所では六〜十一日の間に、三百ミリを超える雨が降っていた。
 (柳昂介)

関連キーワード

PR情報