マンホールカード、フジと木曽川表現 江南市が配布開始

2020年7月14日 05時00分 (7月14日 11時34分更新) 会員限定
配布が始まったマンホールカード。フジの花と木曽川のイラストがあしらわれている=江南市般若町の下般若配水場で

配布が始まったマンホールカード。フジの花と木曽川のイラストがあしらわれている=江南市般若町の下般若配水場で

  • 配布が始まったマンホールカード。フジの花と木曽川のイラストがあしらわれている=江南市般若町の下般若配水場で
 江南市は十三日、同市般若町の下般若配水場で、マンホールカードを配り始めた。
 カードは、下水道への関心を深めてもらおうと、全国五百三十五自治体で配布されている。全国的にブームになっていることを受け、江南市でも作製した。
 市のマンホールには市の花のフジと、市北部を流れる木曽川のイラストがあしらわれている。このデザインは一九九三年の公募で決まり、今年三月末現在で、市内五千九百四十二カ所に設置されている。カードの図柄には、曼陀羅(まんだら)寺公園南側の市道に昨年設置した市内で唯一のカラーマンホールを採用した。
 この日の午前中だけで県内外から六十六人が受け取りに来るほどの人気ぶり。市下水道課は「カードをきっかけに市外からも足を運んでもらい、少しでも江南に興味を持ってもらえたら」と期待している。 
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の最新ニュース

記事一覧