本文へ移動

福祉の魅力 わくわく オンライントーク配信やスポーツ体験・・・

2020年7月14日 05時00分 (7月14日 10時46分更新)
昨年開かれた「AMAZING FUKUSHI FESTA」の様子。幅広い世代、職種の人が参加した=野々市市内で(平岩なつみさん提供)

昨年開かれた「AMAZING FUKUSHI FESTA」の様子。幅広い世代、職種の人が参加した=野々市市内で(平岩なつみさん提供)

金沢の団体「KtoY」
21美で8、9月「身近に感じて」


 医療や福祉の担い手を増やそうと、金沢市の市民団体「福祉KtoY」が中心となり、福祉の魅力を伝えるイベントを八、九月に金沢21世紀美術館で開く。オンラインでの配信も交え、県内外からの参加を見込む。インターネットを通じたクラウドファンディングで今月末まで開催資金を募っている。団体代表の平岩なつみさん(26)は「イベントをきっかけに福祉を身近に感じてもらえたら」と呼び掛けている。(蓮野亜耶)
 平岩さんは金沢大在学中、「きつい」「汚い」「給料が安い」という福祉業界のイメージを変えたいと、団体を立ち上げた。在学中の三年前にイベントを始め、就職してからも続けていた。
 今回は新型コロナウイルスの影響で開催中止も検討した。密閉、密集、密接の「三密」を避けるため、会場でのトークセッションなどをオンラインで同時配信すれば「距離の問題で参加できなかった人にも情報が届けられ、より多くの人に福祉の魅力を伝えられる」と考え、開催を決めた。
 イベントは「AMAZING FUKUSHI FESTA」で、八月九日と九月十三日に開く。八月九日は、社会福祉法人佛子園(白山市)理事長の雄谷良成さんと慶応義塾大大学院健康マネジメント研究科教授の堀田聰子さんを招いたトークセッションをオンライン配信する。
 魅力的な高齢者たちの一瞬を捉えた理学療法士の山田修平さんによる写真展も企画。障害や年齢にかかわらず誰もが楽しめる「福祉スポーツ」などの体験もできる。平岩さんは「誰もが生き生きと暮らせる社会をつくることがゴール。小さな一歩を参加者と一緒に踏み出し、多くの人と明るい未来を描ければ」と話している。
 開催資金はクラウドファンディングサイト「レディーフォー」で募っている。目標は八十万円。一口三千円から支援できる。締め切りは三十一日午後十一時。
◇開催資金のクラウドファンディングサイト「レディーフォー」=

関連キーワード

おすすめ情報

石川の新着

記事一覧