スタンドに拍手響く サポーター288人来場

2020年7月14日 05時00分 (7月14日 09時51分更新)
マスクをつけて試合を観戦するサポーターたち

マスクをつけて試合を観戦するサポーターたち

  • マスクをつけて試合を観戦するサポーターたち

 スタンドに観客が帰ってきた。十二日に坂井市のテクノポート福井スタジアムで行われた県サッカー選手権大会の決勝は、二百八十八人のサポーターが来場し、拍手で選手にエールを送った。
 県内では十日から、新型コロナウイルス感染症対策がステップ3へ移行し、プロスポーツなどのイベントに制限付きで観客を入れることが可能になった。
 この日は来場者に検温を行い、マスクの着用や大声での応援を控えるよう呼び掛けた。スタジアムには久しぶりに福井ユナイテッドFCの横断幕も掲げられた。試合は、福井工大が先制するも、福井ユナイテッドが3−1で逆転勝利。ゴールの度に拍手が響いた。
 子どもが福井ユナイテッドのサッカースクールに通っているため家族五人で訪れた福井市の会社員、筧健佑さん(32)は「生で見ると迫力があるし、見ていて楽しい」とピッチから伝わる熱気を堪能した様子。
 同点ゴールを決めたFW我那覇和樹は「今日来てくれたサポーターのために頑張りたいと思っていた」と振り返り、寺峰輝監督は「緊張もあったが、力をもらった」と感謝していた。 (谷出知謙)

関連キーワード

PR情報