本文へ移動

7月場所、観客入れ開催 大相撲、1日2500人に制限

2020年7月14日 05時00分 (7月14日 05時01分更新)
 日本相撲協会は十三日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、大相撲七月場所(十九日初日・両国国技館、中日新聞社共催)を一日当たり約二千五百人の観客を入れた上で開催することを決めた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で三月の春場所は無観客開催、五月の夏場所は中止となっており、一般観戦できるのは一月の初場所以来となる。
 相撲協会は当初、七月場所も無観客開催を目指すとしていたが、最大約一万一千人収容の両国国技館で動員を四分の一程度に抑えて催すことにした。観客にマスク着用を義務付け、入場時の検温や酒類の販売中止など対策を徹底する。入場券は相撲協会の公式チケットサイトでのみ販売する。
 七月の本場所は例年、名古屋場所として名古屋市中区のドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開かれていたが、力士らの移動などによる感染拡大を防ぐため両国国技館での開催に変更した。初日も二週間延期し、専門家の助言を受けたガイドラインを作成するなど準備を進めてきた。

関連キーワード

おすすめ情報