割安手数料で宅配 浜松市が事業者向け意見交換会

2020年7月14日 05時00分 (7月14日 05時03分更新)
構築を目指す浜松版の料理宅配サービスについて説明する「こころ」の渡辺一博社長=浜松市中区の地域情報センターで

構築を目指す浜松版の料理宅配サービスについて説明する「こころ」の渡辺一博社長=浜松市中区の地域情報センターで

  • 構築を目指す浜松版の料理宅配サービスについて説明する「こころ」の渡辺一博社長=浜松市中区の地域情報センターで
 割安な手数料で市内全域を対象とした料理宅配サービスの構築を目指す浜松市は十三日、中区の地域情報センターで、配送事業者として参加を検討する会社向けにオンライン意見交換会を開いた。 (角野峻也)
 意見交換会には、市内の駐車場管理、運送会社など八社が参加。サービスの肝となるメニューの注文から決済、配達を一元管理するシステムをつくる飲食・IT関連業「こころ」(中区)の渡辺一博社長が、新型コロナウイルスの影響で高まる宅配需要を取り込み、売り上げが落ち込む店を支援する狙いを説明した。
 システムでは利用者がネット上で、市内の飲食店の持ち帰りメニューを選択し注文。配送事業者が料理を受け取って指定場所へ届ける仕組み。市は十四〜三十一日、配送事業者としての参加を検討する会社向けにオンラインでの個別意見交換会を実施する。
 市ホームページから氏名や連絡先、相談希望日などを記入し、申し込む。予約制。(問)市観光・シティプロモーション課=053(457)2295

関連キーワード

PR情報