西アフリカの手編み籠など 湖西の雑貨店で展示即売

2020年7月14日 05時00分 (7月14日 05時03分更新)
展示されている西アフリカの手編み籠など=湖西市新居町で

展示されている西アフリカの手編み籠など=湖西市新居町で

  • 展示されている西アフリカの手編み籠など=湖西市新居町で
 西アフリカの手編み籠などを展示即売する「ブルキナのかごと布展」が、湖西市新居町の雑貨店「とんぱhanare」で開かれている。十九日まで。 (桜井祐二)
 店主の素保晴美さんの知人が西アフリカのブルキナファソに在住して、現地の手編みの籠を販売することで支援している。同店では二年前から年に一回開いている。
 現地の生地で作った洋服や手編みの籠、うちわなど約二百五十点が並ぶ。籠、うちわには、イネ科のギニアグラスが使われていて硬く、洗うこともできる。手編みの一点物としても人気が高いという。
 新型コロナウイルス感染拡大防止で、ブルキナファソでもマスク着用が推奨されているが、現地では高価で行き渡っていないのが実情。子どもたちにマスクが届くように、展示会中に販売するマスクの売り上げを現地の支援に充てる。ウイルス対策に効果があるといわれるアロマスプレーも販売する。
 店の感染防止対策としては、入店を六人までに制限している。素保さんは「アフリカの籠はピクニックにも活用でき、エコバッグとしても良いのでは」とPRしている。営業は午前十一時〜午後五時。

関連キーワード

PR情報