本文へ移動

“ディープ祭り”!史上最高5億1000万円で産駒落札…池江氏「相変わらず評判うれしい」9頭が1億円超

2020年7月13日 21時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5億1000万円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬シーヴの2019(日本競走馬協会提供)

5億1000万円で落札されたディープインパクト産駒の牡馬シーヴの2019(日本競走馬協会提供)

 競走馬の国内最大のセリである「セレクトセール2020」初日の1歳馬セールが13日、北海道苫小牧市のノーザンホースパーク内で開催された。ディープインパクト産駒で母シーヴの2019の牡馬が、1歳馬としては国内史上最高額となる5億1000万円で落札された。同産駒の平均落札額は2億円を突破。セールの上場頭数249頭のうち、229頭が取引されて、落札率は92・0%、落札総額は104億2800万円で、昨年に続く100億円オーバーの売り上げを記録した。
 世界中を震撼(しんかん)させる新型コロナウイルス騒動の最中でも“ディープインパクト”神話は崩れなかった。今セール最大の注目は、昨年夏にこの世を去ったディープインパクト産駒13頭(牡馬10頭、牝馬3頭)の行方。中でも上場番号114番のシーヴの2019(牡)は1歳馬セール史上最高価格の5億1000万円で落札された。スタートが1億円で、あっという間に値段は急上昇。この日、上場番号56番の母フォエヴァーダーリング(牡)が4億円で落札され、昨年までの1歳馬セールの最高価格3億6000万円を更新していたが、あっという間に記録を塗り替えた。
 見事、落札したのは“ショウナン”の冠名で知られる国本哲秀さん。「もう3、4回も見ていたし、(ほかの購買者から)いくら来ても最初から行くつもりだった。値段の話はあれだけど、あとは走ってくれればね」と国本さん。ノーザンファームの吉田勝己代表は「久しぶりにしびれたね。さすがにすごい。血統もすごくいいけど驚き。なかなかお目にかかれないね」と驚いていた。
 この日、会場を訪れていたディープインパクトを管理していた池江泰郎元調教師は、シーヴの2019がかなりの価格になることを予言していた。母フォエヴァーダーリング(牡)が4億円で落札された後に「(産駒が)相変わらず評判となってうれしい限り。どの馬もディープ産駒らしい素軽い動きをしているし、この後にもすごいのがいるよ。114番のね」と話していた。名伯楽の相馬眼は相変わらず鋭かった。
 産駒13頭のうち、1頭だけ取引が成立せず、上場者の主取りとなったが、9頭が1億円超えを記録して、事前のうわさ通り“ディープインパクト祭り”で、初日は幕を閉じた。(価格は税抜き)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ