藤井聡太七段が“人生初体験”の封じ手 サインを忘れる一幕も…深浦九段に預け王位戦第2局1日目終了

2020年7月13日 20時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤井聡太七段

藤井聡太七段

  • 藤井聡太七段
 人生初の封じ手は北の大地で―。最年少タイトル獲得を目指す藤井聡太七段(17)が、最年長タイトル獲得記録を昨年樹立した木村一基王位(47)に挑む将棋の第61期王位戦七番勝負(中日新聞、東京新聞主催)第2局は13日、札幌市厚別区のホテルエミシア札幌で始まり、午後6時に指し掛けとなると、手番だった藤井七段が初めて封じ手を行った。
 藤井七段は別室に向かい、記録係が作成した図面に40手目を書き込んだ。同6時7分に対局室に戻り、封じ手の入った封筒を木村王位に手渡すと、封印のサインを忘れていたようで、その場でサイン。木村王位も署名し、立会人の深浦康市九段(48)に預けて1日目は終了した。2日目の14日は午前9時に再開し、勝敗は夜までに決まる見通し。
 将棋史に刻まれる「最年長VS最年少シリーズ」は、天才少年の先勝で幕を開けた。本局は木村王位の先手。藤井七段としてはここでブレーク(タイトル戦の後手番で勝つこと)して優位に立ちたいところ。初防衛を目指す木村王位にとっては落とせない一戦だ。
 藤井七段はタイトル戦で4度目となる和装で登場した。この日は紺の着物に薄いグレーの羽織、濃いグレーのはかまで、これまたすがすがしい色合いが対局場に映えた。
 盤上は木村王位がエース戦法の「相掛かり」を採用すると、26手目には早くも未知の局面が現れた。木村王位が角道を開けていないのを奇貨として、藤井七段が相手の飛車に当てながら角を4四に上げたのがドラマの始まり。互いに構想力が問われる展開となった。
 藤井七段は前日の会見で「一手一手最善を尽くします」と話していた通り、じっくり腰を落として読み進めていた。1日目の消費時間は木村王位3時間32分、藤井七段4時間6分だった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ