本文へ移動

松阪商・阪本の高校通算60発目はお預けも、長打力に阪神スカウトも注目 打撃開花の秘密は研究また研究にあり

2020年7月13日 12時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
初回2死二塁で松阪商・阪本は右飛に倒れる=12日、県営松阪球場で

初回2死二塁で松阪商・阪本は右飛に倒れる=12日、県営松阪球場で

◇12日 高校野球三重大会 松阪商12ー1松阪工(県営松阪)

 2020年三重県高等学校野球夏季大会は12日、県営松阪球場などで1回戦が行われ、松阪商は松阪工に12ー1で8回コールド勝利。高校通算59本塁打を誇るプロ注目の阪本和樹外野手(3年)は無安打だったが、3四球3得点で大勝発進に貢献した。
 過剰なまでの警戒は強打者の証し。6点リードの8回無死二塁。手が届かないゾーンをボールが通る。ちょっぴり残念そうな顔を浮かべながら阪本は一塁へと向かった。2打席凡退の後は3打席連続の四球。それでも「まずはチームの勝利が第一。個人の結果はその後についてくれば」と3得点に胸を張った。
 高校通算59発のスラッガー。ゆったりとした構えから鋭いスイングは癖がなく「持ち味は広角に強い打球を飛ばせるところです」と自信を持つ。
 だが生まれながらのアーチストではない。中学時代はわずか1本塁打でどちらかというと「打撃は苦手」。眠っていた才能を開花させたのは貪欲なまでの探求心。好きな選手のプレー動画を見る選手は多いが阪本が見るのは練習方法。「例えば春季キャンプでどの選手がどんなティー打撃をやっているのかって気になります。実際にやってみて合うものを取り入れてますね」。研究→実践→研究のサイクルが放物線の数を増やしていった。
 全国的には無名もその素質にプロも興味を示す。阪神の熊野スカウトは「彼の長所は打撃だよね。右方向にも大きな打球が打てる」と評価。阪本本人も「簡単な世界じゃないとは思いますが、高校からプロに、という思いはあります」とあこがれを隠さない。
 「凡退した2打席は打ち損じ。次は1球で仕留められるように」。まずは「次の目標」と語った60発の大台に乗せる。
 ▼阪本和樹(さかもと・かずき) 2002(平成14)年8月29日生まれ、津市出身の17歳。179センチ、79キロ、右投げ右打ち。南ケ丘小3年のとき青谷垂水ソフトボールでソフトボールを始めた。南ケ丘中では三重ゼッツに所属。松阪商では1年春からベンチ入り。高校通算59本塁打。遠投100メートル、50メートルは6・3秒。書道は年長から小6年まで続け「字はそこそこきれいな自信はあります」。中学時代はドラゴンズのファンクラブに加入し、中日で好きな選手は大島。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ